2017-10-04 02:29 | カテゴリ:ハープ
今日は ★ジョン・ケージ を思い出したのでご紹介。



とってもうユニークな音楽家?
詩人家?
きのこ研究科?


有名な曲は 4分33秒 ですね。

この時間なにも弾かない。

詳しくは ↑ の★ジョン・ケージをクイックして 1950年~60年を見て下さい。
 




フランス・アミアンの美術館でコンサートをした時に 
ジョン・ケージの作曲したハープ or ピアノで演奏する為の曲 in a landscape (ある風景の中で )を弾いた事を
今日はなぜか急に思い出したのです。


この曲は音符の数は少ないので譜読みは簡単でした。

でもなんだろ~

すごく難しかった。。

まず8ページ暗譜がなかなか出来なかった。。。

気持ちのコントロールがすごく難しかった。。

なんだか苦手な曲だわ~と思い練習をしてました。



いつもは自分で曲を決めれるのに何故かこの曲は先生が決めたのには何かあるのかな??





コンサート当日

電車が送れギリギリ到着、いつもは出番前に別の部屋で指を温め練習できるのに

その日は、到着して直ぐに!!


先生が、まどか~つぎだよ~次。急いで~こっちこっち~



え~!!



バタバタバタ~と舞台へ



走ってきたから、まだ心臓バクバク!!!



え~指硬いまま弾くの~~

弾けるのかいな~

でも仕方がない

やるっきゃない!!


出番だ。



深呼吸~



心の準備が出来てないから緊張してる。。。



集中~~~





演奏しながら不思議な気持ちに



説明が上手く出来ないのですが

自分の意識とは別に指が動く。。。

私は音と指に任せてふわふわ浮いてるような・・・

目の前真っ白で夢の中で弾いているよう。。




はい!意味わからないですね。




とにかく不思議な体験をしたのです。





演奏後

いったい自分はど~なってた??

ちゃんと弾いていた??



心配していたら



なんと学校の学長がこっそり見に来ていて美術館の端の方に呼ばれたんです。
彼は元ピアニスト。


あ~この学長苦手~
あ~なんか言われる~
絶対ダメ押しされるんだわ~


とドキドキしながら近寄った。


私 「 ボンジュ~ル ムッシュ~」

学長 「楽譜をみせて」

私   「 Oui ! 」



きゃ~ほらきた!!



ドキドキしながら楽譜を見せた。


学長 「ここの音はnaturalじゃないのかな?」


どこどこ~どこ~ 音間違って弾いていた???

楽譜チェック!!!



私 「いやちゃいますよ~ここ♭楽譜もそ~書いてありますよ。」


音を確かめたくて楽譜を見たかったようで



学長 「ここはあ、これでいいのか。なるほど。。。




学長 「とっても今日の演奏は良かったよ ブラボー」 



ええええ?今なんて??


この学長なかなか褒めない、あーだこ~だ言うのに




この言葉は本当に嬉しかった。



長々となりましたが、何が言いたいのかと申しますと


日々練習しながらダメだダメだ~私はまだまだだ~と思い練習

これで良いなんて思ったらそこで終わってしまう。。

あ~でも少し休みたい。。。

ダメダメ。。。

自分との葛藤。。。



そんな中、この学長が言ってくれた 「今日の演奏は良かったよブラボ~」 を時々思い出し

秘かな私の心の支えになり練習に励んでます。


ジョン・ケージまた練習しよ~と。




全く関係なですが


北海道からじゃがいももだ届かないな・・・・・




秘密